【東大阪市】梶無神社のアオバズクに会いに行ってきました!

東大阪市の住宅街にひっそりと佇む小さな神社。
ここに毎年、ちょっと珍しいフクロウが飛来するのをご存知でしょうか。

こちらは東大阪市の六万寺町にある「梶無神社(かじなしじんじゃ)」。
ここに毎年、春~夏にかけて「アオバズク」というフクロウが繁殖のためにやって来ます。

宮司さんによると、ずっと昔からこの神社が繁殖地となっており、代々巣作りするのだとか。
今年も飛来して来ていると聞いて、早速会いに行ってきました。

この立派なご神木のどこかに住んでいるのでしょうか。

「フクロウ達って、もしかして見えないぐらい高い位置にいるんじゃ・・・」と不安になっていたところ、境内の端の木で2羽の雛達を発見!

幸運なことに、結構低い位置に居て、しかも、2羽揃ってこっちを向いてくれていました。

フワフワで可愛い!
産毛でフワフワしてるのが雛鳥の特徴なのだそうです。

こちらは、別の日に撮影した親鳥。
雛に比べると、胸の模様がハッキリとしていますね。

自力で見つけられない時は、宮司さんに訪ねてみると教えてもらえる場合もあるので、ぜひ聞いてみてくださいね。

社務所で販売中の、可愛らしい「ふくろう守り」も要チェックです。

2017年は4月19日に飛来し巣作りを開始。
5月27日に卵が孵化し、そして7月21日にようやく2羽の雛が巣立ちしたということです。

宮司さんのお話によると、巣立ってからしばらくは、親鳥がずっと雛の近くで見守っていたようですが、私達が会いに行った時にはすでに雛達のそばを離れており、親子揃って見ることはできませんでした。

来年また梶無神社に来てくれるのが楽しみです。

梶無神社(かじなしじんじゃ)

住 所:大阪府東大阪市六万寺町3-14-31
地 図:https://goo.gl/maps/GcxxrKvXQBP2
駐車場:あり

The following two tabs change content below.

広報室/株式会社ネクストバード

株式会社ネクストバードの広報室です。会社の情報や身近な出来事などを発信していきます。【お問い合わせはこちら

最新記事 by 広報室/株式会社ネクストバード (全て見る)