「ISPO 北京 2016」日本から北京への旅 視察&観光

関西国際空港(KIX)から北京首都国際空港(BCIA)へ。

日本から北京へは中国国際航空(Air China)で約3時間。
ものすごく良い天気です。

空港からISPOの会場までタクシーで移動中、立派な城門が見えました。

15
かつて、都市の周りに巡らせた城郭の名残だそうで、今もいたる所に残っているとのことです。
さすが古い歴史を持つ中国。
街中でも身近に歴史を感じることが出来るんですね。

16

遠くに見えるのは2008年の北京オリンピックのメインスタジアムともなった「北京国家体育場」。
鳥の巣のようなデザインが特徴的です。

夜には会場からタクシーで1時間程移動し、磁器口(CIQIKOU)へ。
ここにはウィンタースポーツの専門店街のようなビルがあり、そこにも立ち寄りました。

17 18

こちらには有名ブランドを取り扱うショップがビルの2フロアにぎっしりと立ち並んでいました。
これらのショップを1軒1軒まわってカタログを配布し、商品のPRと、ISPOのブースにも来てもらえるよう宣伝してきたのですが、実際に翌日にブースに来ていただいたショップもありました。

The following two tabs change content below.
ISPO 北京 2016 出展グループ/エビスニット株式会社

ISPO 北京 2016 出展グループ/エビスニット株式会社

エビスニットの新商品を世界の市場に対して提案するだけでなく、世界の様々な技術を見て刺激を受け、そこで得た情報を新たな商品の開発に役立てています。 【出展情報】イベント名: ISPO 北京 2016/会期: 2016年 2月24日~27日 4日間/出展場所: 北京国家会議センター(CNCC) 【ISPO 北京とは?】 中国の北京で開催されるスポーツ用品の見本市。 2012年よりispo ChinaからISPO BEIJINGへとその名称を変更し北京で開催されています。 スキー、スノーボード、などのウインタースポーツを中心に、アウトドアやフィットネス、自転車、ゴルフなどの幅広い分野の商品が展示されます。